実質無料で1年間の無料サポートもついてくる。
文章の書き方だけでなく売り方にまで踏み込んだ、
超実践的コピーライティングマスター教材。


けいこ(困った)

コピーライティングを学ぶと商品が売れるようになるの?

まなぶ(困った)

「うまい文章」と「売れる文章」ってイコールじゃないこともあるね。

けいこ(解決)

アフィリエイトで稼ぐなら、売れる文章をマスターしたい!

まなぶ(解決)

そうすると「売り方」まで踏み込んだコピーライティングが必要だね。


コピーライティングレボリューション【CWR】

運営統括責任者 関口智弘
住所 福岡県福岡市中央区白金1-18-37

ともちの解説動画


コピーライティング力は必要なのか?

こんにちは、ともちです。

今回は、コピーライティングの教材である、

コピーライティングレボリューション

について解説をします。

 

アフィリエイトを含むネットビジネスにおいて、

文章を書く

という行為が何より重要なのはご理解いただけると思います。

 

「文章力不要」
「コンテンツ自動作成」

といったアフィリエイト教材やツールなどがよくリリースされますが、

この現象は、

文章力(コピーライティング力)はかなり重要

ということの裏返しでもあるわけです。

コピーライティングレボリューションとは

コピーライティングレボリューションは、そんな、

コピーライティング力向上のための教材(マニュアル)です。

トータル382ページですから、かなりのボリュームです。

 

さすがに、コピーライティングの専門家が書いている教材ですから、

読んでいるうちにグイグイ引き込まれる、読み物としても秀逸なものです。

 

コピーライティングレボリューション以外にもコピーライティングの教材は、

本当にたくさん出回っています。

 

列挙しても仕方がないので止めますが、

Googleで、

「コピーライティング」「DRM」

などと検索したら、たくさん情報が出てきます。

 

ただ、それらの情報が、

アフィリエイトで稼ぐためのコピーライティングであるかどうか

は冷静に判断するべきです。

 

コピーライティングには、
  • 商品を売るためのコピー
  • コピーそのものを商品とするコピー
の2種類あって、それは似て非なるものなんです。

 

私たちが身につけないといけないのは、もちろん、

商品を売るためのコピーライティング力

です。

 

ただ美しい文章を書く能力ではなく、
  • 商品を売るためのコピー
もっと言えば、
  • 商品を買いたくて仕方がなくなるコピー
  • 商品を買わざるを得なくなるコピー
を書くための教材が、コピーライティングレボリューションなのです。

関口智弘氏について

コピーライティングレボリューションはテキストのみの教材ですから、

大事なのは「誰が書いた教材なのか」につきます。

 

著者の 関口智弘氏は、広告会社やIT企業を数社経験して、起業した実業家です。

ビジネスとしてコピーライティングに取り組んできたベテランです。

 

著書もたくさんあります。

Amazon検索結果「 関口智弘 」

 

Wikipediaにも載ってますね。

Wikipedia「 関口智弘 」

 

少なくとも、ポッと出の人ではないのは、理解していただけると思います。

コピーライティングレボリューションが実質タダな理由

コピーライティングレボリューションは、

実績豊富な関口智弘氏の渾身のノウハウ

だということは、ご理解いただけたと思います。

 

とはいえ、

Amazonで販売されている他の著書より価格がだいぶん高いです。

ですが、これにはカラクリがあります。

 

このコピーライティングレボリューションは、
  • 365日回数無制限メールサポート
  • 教材を1年間実践して望む結果が出なかったら全額返金
という特典がついているんですね。

 

つまり、教材を実践しながら、不明点は関口氏にメールで質問ができます。

 

関口氏レベルの人が無料でメールサポートをするのは異例のことです。

しかも1年間という長期にわたって。

 

さらに、1年後に不満が残ったら全額返金するということですから、

購入する側からしたら、ノンリスクどころかぼろ儲けです。

 

少々品がなかったですね。すみません。

 

購入を躊躇する理由も一切ないので、私もサクッと購入しました。

この手の教材はいくらでも経費として処理できますからね。

コピーライティングレボリューションをおすすめしたい人

ぶっちゃけて言ってしまえば、

アフィリエイトをやる人間は全員買ってしまえ!

と言いたいところです。

 

正直、教材をタダで配っているようなものですから。

 

ただ、あえて対象を絞るとすれば、

アフィリエイトジャンルでいえば、
  • ブログアフィリエイトやサイトアフィリエイトの実践者
  • メルマガアフィリエイトの実践者
経験・レベルでいえば
  • アフィリエイト初級者
  • アフィリエイト中級者
になるでしょうか。

 

普段いただくメールのお問い合わせなど拝見する限り、

文章を書くのが苦手という方が大半です。

この記事を読んでいる方の8-9割の方は対象者になると思います。

 

アフィリエイトをしばらくやっているとわかると思いますが、

なんとなく文章を書いていてもほとんど商品は売れていきません。

 

商品性で差別化をできないアフィリエイトの特徴でもあるんですが、

逆に言えばコピーライティングで差をつけられるということです。

 

文章を書くのが苦手な方や、行き詰まりを感じている方は、

コピーライティングレボリューションでブレイクスルーを決めましょう!

 

ともちでした。