ともちです。

 

この間、東京モーターショーに行ってきました。

 

3歳の息子と2人で出かけたので、人ごみの中大変でしたが、

私も息子もクルマ好きなので楽しめました。

 

モーターショーは、自動車メーカー各社が、新型車や

新技術などをアピール展示会ですが、一番の見どころは、

「コンセプトカー」

だと思っています。

 

コンセプトカーは、市販車には程遠い形をしていることが多い、

メーカーの未来へのメッセージが込められた世界で1つの車です。

 

今年のモーターショーのコンセプトカーは、各社魅力的でしたが、

私の一押しは、

「Mazda RX-VISION」

マツダのスポーツカーのコンセプトです。

 

RXというのは、マツダのロータリーエンジン搭載車に付けられる

伝統的な車名です。

 

マツダは長年、ロータリーエンジンにこだわってきていたメーカー

なんですが、燃費の問題で今はロータリーエンジン搭載車を

市販していません。

 

そこで、「RX」の冠のついたコンセプトカーを突然発表したことから、

「ロータリーエンジン復活か?」

と、クルマ好きがざわざわしたんです。

 

でも、マツダの中の人の話だと、市販の計画は全くないそうです。

 

なんでそんなものを発表したのか、理由が面白いんです。

「マツダの中の人がロータリーをまた売りたいから」

 

市販するからには、売れないといけない。

売るために、デザインや性能を妥協したくない。

だから、ある意味不必要なぐらいに格好のいいデザインで、

RX(=ロータリー)

のコンセプトカーを発表して、

「早く作って、売ってくれ!」

というクルマ好きの声が上がるのを期待しているんだそうです。

 

これ、アフィリエイトのマーケティングに置き換えると、

究極の状態なんですね。

 

「買ってください」

ではなく、

「売ってください」

という状態まで持っていくということです。

そのためには、確かな実績が必要なのは言うまでもありません。

 

的確なコンテンツ提供や、丁寧なサポート。

そういった行為の積み重ねで、

「この人からものを買いたい」

と思わせることができるということです。

 

SEOやSNSなどで集客できればものが売れると考えている人は、

改めて自分のビジネススタンスを見直してみたらどうでしょうか。

 

ともちでした。

メール講座「王道のアフィリエイトステップ」

メール講座登録

メールマガジン「ともちのネットビジネスサテライト通信」

メールマガジン登録特典

  • 無料サポート(これ教えて)
  • 無料コンサルティング(相談に乗って)
  • SEOレポート「Googleの正体と検索エンジン対策の本質」
  • マニュアル「軍資金3万円を1時間で確実に手に入れる方法」
  • 超早期に報酬を発生させるための短期メール講座

メルマガ登録

お問い合わせ

ともちへのご質問やお問い合わせはメールでお気軽にどうぞ。
基本的にすべてのお問い合わせにお答えしています。

お問い合わせ