画像作成ソフトはもういらない!
初心者でも、デザインセンスのない人でも、
訴求力の高いバナーを簡単に、無制限に作ることができる、
アフィリエイター向けバナー作成ツール

デザイン作成のハードルを乗り越える方法とは?

初心者がブログアフィリエイトをやる上で、一番のハードルになるのが、

デザイン画像作成

ですね。

 

記事を書くという作業も、得意不得意が多いものですが、

文章を全く書けないという人はいないと思いますので、

ある程度、慣れれば書けるようになるものです。

 

ただ、デザイン画像作成はやったことがない人のほうが多いわけです。

 

画像作成ソフトというのは、操作が複雑なもの多いですし、

そもそもデザインセンスに影響されるので難易度が高いです。

 

バナーやヘッダ画像のデザインクオリティが高ければ、

売り上げがバンバン上がっていくという訳ではないです。

 

ただ、記事やSEOのレベルが同等のサイトがあった場合、

デザインの良いサイトの方が、売り上げが上がるのは間違いありません。

 

デザイン画像作成というハードルをツールの力で乗り越えて、

サイト量産に頼らずに高収益のサイトを作り出しましょう。

バナープラスV2

バナープラスV2
販売元 株式会社SEMライダー
販売責任者 松尾 茂起
所在地 京都府京都市中京区十文字町437番地
連絡先 075-741-7849

ともちの解説動画





 

パナープラスV2の概要

バナープラスV2は、アフィリエイター向けの画像作成ツールです。

大半のアフィリエイターは画像作成のスキルが高くないという前提で、

簡単な操作でバナー画像を作成できるように開発されています。

バナープラスV2の販売者は、見てもらえば分かるとおり、

SEOテンプレートの賢威の販売元でもあります。

品質とサポートの面で、全幅の信頼をおけます。


画像作成の一般的な方法

バナー画像などが必要な場合、2通りの方法があります。


  • デザインを社外のデザイナーに外注する
  • 自分で作る

一般的に、自分でデザイン画像を作る場合は画像作成ソフトを使います。

ウェブ制作のプロはフォトショップイラストレーターを使います。

高機能ですが、操作が複雑で高価です。

私はプロの端くれですが、デザイナーではないので、

このあたりのツールは使いこなせません。

フォトショップに似たソフトで、

GIMPという無料ソフトもあります。

フォトショップよりは簡単ですが、それでも初心者には難しいです。

アフィリエイトサイトを作成するのに、

高度な画像加工は必要とされていません。

必要な機能だけに絞り込まれたツールを使うべきです。

そこで、このバナープラスV2です。


バナープラスV2の特徴

  • 簡単な操作でヘッダやバナー画像が作れる
  • 素材がついている

書いてしまうとこれだけですが、

通常の画像作成作業はバナープラスV2だけでまかなえます。

例えば、このバナープラスV2で作成した画像を見てください。

sample-bnrs

アフィリエイトサイトに使うことを考えれば、満足のいくクオリティです。

下手したら、バナー1点あたり数万円で外販可能なレベルです。

自分で企画した教材のセールスレターを作るような場合は、

外注した方がより効果的なページを作れますが、

それはそのときに考えればいいことです。


バナープラスV2導入の事例

私の知り合いに、アフィリエイト初心者だった人がいました。

彼女は物販系のアフィリエイトに興味を持って、

服やアクセサリーのアフィリエイトブログを立ち上げました。

当初、お金をかけたくなかったので、GIMPで頑張っていました。

ブログはなんとか立ち上げたものの、バナー類の作成に時間が掛かってしまい、

肝心の記事の更新が思う様にできないで悩んでいました。

バナーの見栄えもお世辞にも良い物ではないため、

私はバナープラスV2導入の費用対効果について

整理して説明をしました。

今後作成するバナーがどれぐらいで、GIMPだとどれぐらい時間がかかるか。

バナープラスV2の導入で時間が半分になるとして、時給計算したらどうなるか。

ブログアフィリエイトを続けるなら、売り上げ増を計算に含まなくても、

バナープラスV2導入は間違いなくプラスになることを説明しました。

それから、彼女はバナープラスV2を導入しフル活用しています。

売り上げ額は以前の何倍にもなっています。


まとめ

アフィリエイターはマーケティングに専念するべきで、

それ以外のことに時間をかけるのはもったいないです。

そのためにも、

バナープラスV2のような時間短縮ツールをどんどん活用するべきです。

年単位の料金制なので、試しに1年使ってみたらいかがですか?

ともちでした。