他人が作ったYouTube動画に独自広告を貼り付ける
タブー寸前の手法で「他人のふんどしで相撲を取る」
画期的な動画まとめアフィリエイトノウハウ!

まなぶ(困った)

YouTubeのアフィリエイトはまだまだ伸びているらしいね。

けいこ(困った)

最近は何でもかんでも動画が使われているしね。

まなぶ(おてあげ)

でも、YouTubeはどうしても動画を作る必要があるし。。

けいこ(おてあげ)

動画を作るのが苦手だと、YouTubeアフィリエイトは無理なのかな?


free_arrow

オリジナルでも流用でも、動画を作るのは手間がかかります
動画作成すら必要の無い動画まとめサイトを展開して、
他人の動画に自分の広告を組み込んで稼いでしまいましょう!!


ムービーグラフィティアフィリエイト【MGA】

mga
顧客対応担当者 白川 渉
cv_bn

ムービーグラフィティアフィリエイト【MGA】の概要

ムービーグラフィティアフィリエイト【MGA】は、

YouTube動画に独自広告を埋め込むツール「ムービーグラフィティメーカー」
動画サイト用WPテンプレート「MGA専用テーマ」
Twitterのフォロワー獲得&Tweetツール「RSS TWEET メーカー」

を使って、

・動画まとめサイトを作って
・他人の動画に自分の好きな広告を組み込んで
・Twitterで拡散してアフィリエイト報酬を稼ぐ

というツール&ノウハウです。

 

YouTubeアフィリエイトというと、

・YouTube動画を自分で作成して
・YouTubeアドセンス広告(埋め込み型のクリック課金広告)で稼ぐ

という手法が主流です。

 

その際「YouTube動画を作る」ところのハードルが高いので、

既存の(他人の)公開済み動画や静止画をもとに簡単に動画を作って、

手軽にYouTubeで稼ぐノウハウが主流です。

例えば「エビルユーチューバー」

邪道YouTuber(エビルユーチューバー)



リリース直後からかなり人気があって、今も売れ続けている優良ノウハウです。

 

このノウハウは十分に使えますし、現在進行形で成功者が多数誕生しています。

新規参入もOKではあるんですが、簡単にでも動画を作る必要があるわけです。

 

ムービーグラフィティアフィリエイト【MGA】では、

動画自体を自分で作ることなく動画を使って稼ぐことができます。

 

なぜそんなことができるのか、これから解説していきます。

ムービーグラフィティアフィリエイト【MGA】の強み

ムービーグラフィティメーカーの機能

ムービーグラフィティアフィリエイト【MGA】は、言い換えると、

動画まとめサイト構築ノウハウ&ツール

なんです。

 

ブログやHTMLサイトにYouTube動画を貼り付けているのは、

見たことがあると思うんですが、動画自体を紹介するサイト、

つまり「動画まとめサイト」を作ってしまうわけです。

 

ただ単に動画まとめサイトを作るだけなら、適当なテンプレートに

動画のURLをペタペタ貼り付ければ完成するわけですが、

それでは一銭にもなりません。

 

なぜなら、YouTube動画に表示されるアドセンス広告の報酬は、

動画のオーナーに入るわけで、いくらブログで紹介しても、

ブログのオーナーには報酬がないんです。

せいぜい、ページごとに設定した広告バナーからの報酬ぐらいです。

 

ムービーグラフィティメーカーを使うと、それら他人の動画自体に、

独自の広告を設定できるので、YouTubeアドセンスから(言葉が悪いですが)

アフィリエイト報酬を横取り

できるというわけです。

 

広告を埋め込んだイメージはこんな感じです。(セールスレターより)

バナー広告の例

mga_a
テキストリンク広告の例

mga_b
YouTube動画を自分で作って公開するユーチューバーからしたら、

たまったものではないかもしれませんが、独自に広告を設定するのは、

動画まとめサイトに表示する動画だけですので、文句も言われません

RSS TWEET メーカーの機能

動画まとめサイトを作って、他人の作った動画を貼り付けて、

その動画に独自の広告を貼り付ける。

そこまでしておけば、まず受け入れ態勢はOKということになります。

 

ただ、動画まとめサイトを見に来る人がいなければ、報酬は発生しません。

つまり、集客が必要だということです。

 

YouTubeなどの動画コンテンツは、Twitterとの相性が高いといわれています。

そして、シェア(共有)することで次々と拡散していきます。

 

ピコ太郎氏の PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)なんて、

ジャスティン・ビーバーシェアしたことから全世界に広まったわけです。



 

動画を集めてくるだけでは不十分で、拡散する必要があるわけです。

 

RSS TWEET メーカーは、

フォロワー(つながっている人)を自動で増やして
自動でツイート(つぶやく)

そうすることで動画まとめサイトの存在を拡散させます。

 

この手のTwitterツールは単体で20,000円前後の値段がつくものです。

例えばTwitterツールの代表格である「ツイッターブレイン」

TwitterBrain(ツイッターブレイン)



もちろん、Twitte専用の単体ツールと単純に比較するわけにはいきませんが、

匹敵するツールがついてくるというは、私自身が純粋に驚いたところです。

 

コンテンツ(動画)を集めて形(まとめブログ)にして拡散(ツイート)する。

 

一連のアフィリエイト活動が1つの教材で一気通貫で完結するというのは、

かなり完成度が高いといわざるを得ません。

ムービーグラフィティアフィリエイト【MGA】の弱み

強みを述べてきたところで、弱みにも触れておきます。

それは検索エンジン経由の集客力の弱さ

これは、教材・ツール自体の弱みではなく、

YouTube動画とまとめサイト上の動画の違い

といってもいいかもしれません。

 

YouTube動画というのは、Googleの検索に非常に強いです。

下記はGoogleで「PPAP」と検索した結果です。

ppap
検索結果上位をYouTubeが占めています。

もちろんこれは「PPAP」がYouTubeのコンテンツそのものなので、

このような極端なことになっているという面もありますが、

実際にYouTube動画は検索結果の上位に表示される割合が高いです。

 

でもこれは、YouTubeにアップされたオリジナル動画の話です。

 

動画まとめサイトはあくまでブログなので、同じ動画を扱っていても

YouTube動画よりも上位に表示されることは難しいでしょう。

 

つまり、

同じ条件(検索キーワード)だとオリジナルのほうが強い

ということです。

 

そのためもあって、

検索エンジン以外の誘導経路(Twitter)が必要だということです。

これは、最近流行っているアンテナサイトアフィリエイトでも同様の傾向です。

 

幸い、 Twitter拡散ツールが同梱されているので集客に不安はありませんが、

通常のアドセンス報酬狙いのYouTubeアフィリエイトとは考え方が違う

ということは、取り組む上で理解しておいたほうがいいでしょう。

ムービーグラフィティアフィリエイト【MGA】をおすすめなのは?

ムービーグラフィティアフィリエイト【MGA】は、

動画を使ったノウハウなのに動画を作る必要が無いのが特徴です。

そのため、

・YouTube動画で稼ぎたいが動画を作る自信が無い人
・YouTubeアドセンスでいまひとつ稼げなかった人

には最適のノウハウです。

 

また、自分の思い通りの広告を動画に組み込むことができるのも特徴ですので、

・YouTube動画を使って高額商材(情報商材など)を販売してみたい人
・自分がすでに持っている媒体(ブログやサイト)に誘導したい人

にもおすすめできます。

 

さらに、動画まとめサイトに本気で取り組むかどうかがわからなくても、

同梱のTwitterツールが優れものなので、

・Twitterツールの導入を検討している人

にもおすすめです。

 

逆におすすめできないのは、

・積極的にYouTube動画を作ってアドセンスで稼ぎたい人
・ユーチューバーになって顔を売りたい人

には不向きというよりまったく異なるアプローチになります。

ともち購入特典

私からムービーグラフィティアフィリエイト【MGA】を購入していただいたら、

ともちの無期限メールサポートサービス

を提供します。

 

稼げるようになるまでフォローしますので、ご安心を。

ともちでした。
cv_bn

スタートアップキャンペーン!

当サイト経由で購入していただき、
特典請求フォームでご連絡をいただいた方に、
Amazonギフト券1,000円分を差し上げます!amazon1000※特典請求フォームでご連絡いただき、購入者メールマガジンへの登録を条件に、謝礼として進呈しております。

購入者共通特典

1.メールサポートを無料で対応いたします!

現役ウェブプロデューサーの知見を生かしたアドバイスが
無料で受けられます!

 

2.会員サイトへのログイン権を進呈します!

ノウハウがダウンロードし放題の会員サイトです。

rp_member-293x300.png
ノウハウを活用して収入アップにつなげてください!
cv_bn  

ともちへの質問や問い合わせはお気軽にどうぞ。

基本的にすべてのメールに返信します。

お問い合わせフォームはこちら


メールマガジン