ともちです。

 

久しぶりに、本業のWebサイト構築のお話。

 

その前に、あまり私の本業のことを知らない方が

いらっしゃるかもしれないので、簡単にご説明します。

 

普段は、都内のウェブ制作会社のウェブプロデューサーとして、

大手企業のコーポレートサイトを中心に

プロジェクトマネジメントの業務などを行なっています。

 

その情報をアフィリエイターに共有しようと始めたのが、

このメルマガです。



最近は特にプロジェクトが大型化してきていて、

売上金額で何千万とか、億越えも結構ざらです。

 

何でそこまで金額が膨れ上がるかといえば、

ページ数が何千・何万ページと膨大なこともありますが、

システム投資にお金がかかるということが大きいです。

CMS(コンテンツマネジメントシステム)

と呼ばれる、ウェブサイトの管理システムですね。

 

CMSというのは、ワードプレスなどのブログツールを

さらに高性能化したようなものです。

 

膨大なコンテンツを管理することができますし、

コンテンツの制作・承認といった役割を細かく設定できたり、

なかなか優秀なシステムなんですね。

 

でも、システムだけで何百万~何千万という代物で、

さらに、高性能なサーバを複数準備する必要もあります。

中小企業にはとても導入できるものではありません。

これでも一時期よりは安くなってきているんですから、

驚きですよね。



そこで、アフィリエイター御用達の「ワードプレス」

確かに商用のCMSと比較すれば機能は少ないですが、

少なくとも個人で運営するサイトには十分すぎるものです。

 

おまけに、ワードプレス自体は無料ですからね。

 

それに、安価な商用テンプレートを適用させれば、

アフィリエイトサイトはおろか、

中小規模の企業サイトまで余裕で作れますから、

とんでもないコストパフォーマンスです。

※ちなみに、このようなものですね。
http://tomochi.biz/template/p1911/

当たり前のようにワードプレスを使っているかも

しれませんが、結構すごいことなんですよ。



CMSの設計中に、ふと思いついたことを書いてみました。

 

ともちでした。

 

メールマガジン